お困りのことがありましたら
お気軽にご相談ください。

相続・遺言の主な業務内容

① 相続登記
相続がおきても、預貯金は解約しているけれど不動産の名義(登記)はそのまま、という方が多くいらっしゃいます。
役場で固定資産税を支払う名義は変えたとしても、不動産の名義(登記)は亡くなったその方のままです。いつまでに名義を変えなければならないという期限も罰則もありませんが、時間が経つにつれ相続人はどんどん増え、あなたのお子様やお孫様が売買や贈与をしようとするとき大変な思いをします。
相続による不動産の名義変更(相続登記)は放置せずにきちんとされることをお薦めします。
登記のことなら司法書士へご相談ください。
② 遺産分割協議
この土地は長男、あの家屋は次男、預貯金は長女…など相続人全員が納得すれば、相続分に関係なく遺産は自由にわけることができます。その際は後日の紛争を防ぐため、遺産分割協議書を作成しておくことをお薦めします。
③ 遺産分割調停
相続人全員が納得して円満に遺産を分けることができれば問題ないのですが、往々にして揉めてしまうものです。相続人だけでは話合いができないという場合は、家庭裁判所で裁判官など第三者を交えて遺産の分け方の話合いをすることができます。これを遺産分割調停といい、この手続きを始める際に必要となる遺産分割調停申立書も司法書士が作成することができます。その他、裁判所に提出する書類の作成は司法書士の業務の1つです。登記以外にも相続問題で何かお困りごとがございましたら司法書士にご相談ください。
④ 遺言書作成
相続がおきて、揉めないようにするために遺言書を作成しておくことをお薦めします。遺言書があれば、遺された家族は亡くなった方の本当の気持ちを知ることができます。遺言書はどんなとき書くべきなのか下のトピックをご覧ください。日本ではまだまだ馴染みのない遺言ですが、それもそのはず、少し前は「家督相続」といって、長男など誰か1人が相続し、複数の人が相続することがなく、遺産の分け方を話し合う必要がなかったのです。
当事務所は相談から遺言書作成までお手伝いいたします。

相続・遺言に関するトピック集

T1
遺言の作成方法
T2
遺言はどんなとき書くべきか

topに戻る

topに戻る

高知県香南市の司法書士事務所

おだに司法書士事務所

〒781-5232
高知県香南市野市町西野646番地1
tel0887-56-5411 fax0887-56-5412 email odani-terufumi@watch.ocn.ne.jp